赤羽根医院

ご予約・お問い合わせ

アイコン

メニュー

午前
9:00 - 13:00
午後
15:00 - 18:30
休診
木曜午後・土曜午後・日曜

03-3648-3622

東京都江東区東砂2丁目11-27[地図

クリニック紹介

クリニックのご案内

当院は江東区の東大島駅から徒歩10分、南砂町駅よりタクシー5分の砂町にあるクリニックです。地域の診療所として分かりやすい説明と高い医療水準をモットーとして診療を続けてまいりました。この度2020年5月より移転し、内視鏡室・処置室などを拡充し、バリアフリー化や患者様のプライバシーにも配慮した現代的な施設に生まれ変わり、医療機器も一新し新たなスタートを切りました。消化器内科、内視鏡内科、肛門外科を専門とする副院長も診療を開始しており、これまで行ってきた内科診療に加え、高い専門性をあわせ持ち、地域の皆様の健康を守るお手伝いをしていきたいと考えております。

診療時間・休診日

午前
午後
午前
9:00 – 13:00
午後
15:00 – 18:30

消化器内科、及び大腸肛門外来は火曜日休診です

医療連携施設

施設・設備

院内バリアフリー

院内はバリアフリー化されており、車イスでの利用を考慮して設計しております。また、車いす用トイレ、オストメイト用トイレなども用意されております。)

アレルギー低減

アレルギー、ハウスダストなどの患者様に配慮し、院内は可能な限り接着剤や新建材を使用しない設計となっています。

手術室・内視鏡室

手術室および内視鏡室です。隣にはリカバリー室やリカバリースペースも備えてあります。

鎮静後のリカバリースペース

手術や内視鏡で鎮静剤や鎮痛剤を使用した後にお休みいただくスペースです。鎮静後は車いすなどで移動していただく施設も多いですが、当院では内視鏡ベッドが専用のストレッチャーとなっており、お休みになったままリカバリーチェアに移動することが可能です。

内視鏡システム(胃・大腸カメラ)

オリンパス社製の最新の内視鏡システムであるEVIS EXERAⅢを導入しております。
高画質の胃、大腸内視鏡や特殊光観察(NBI機能)が可能なのはもちろん、従来は観察精度に劣るとされてきた経鼻内視鏡で初めてハイビジョン画質を実現した内視鏡システムです。
ご高齢の方などに対しても少ない負担で高い精度で検査を行うことができます。

NBI機能

NBIは粘膜表層の毛細血管や表面微細構造が強調表示される、オリンパス独自の光デジタル法による画像強調観察機能です。2つの特殊な波長の光が、ヘモグロビンによって強く吸収され、血管と背景粘膜とのコントラストを強調します。粘膜表面の血管の模様が良く見えることにより病気の早期発見に役立ちます。

二酸化炭素送気システム

内視鏡で胃腸のなかを観察する際には空気を送って胃腸を膨らませなければなりません。しかしながら胃や腸に送った空気はすぐには抜けないため、腹部膨満感や腹痛の原因となります。二酸化炭素送気システムは通常の空気の代わりに二酸化炭素で胃腸を膨らませるものです。二酸化炭素は空気よりも約200倍、腸管から血液へ吸収されやすく、呼吸により速やかに体外へ排出されますので、速やかに腹部膨満感や腹痛が解消します。

内視鏡洗浄・消毒器 オリンパス社 OER-4

当院では日本消化器内視鏡学会の洗浄消毒ガイドラインにて認定されている、オリンパス社製の過酢酸消毒器を使用しています。内視鏡の洗浄は学会でも議論される重要な問題です。過去にはピロリ菌、緑膿菌、大腸菌O-157、肝炎ウイルス、梅毒、結核、AIDSなどが内視鏡を介して感染したとの報告があります。また、新型コロナウイルスについても内視鏡経由での感染の可能性があります。現在は、感染症を引き起こす全ての病原体を死滅させるレベルの消毒(高水準消毒)で内視鏡を消毒することが推奨されています。 過酢酸は肝炎ウイルスなどを含めた殺菌効果が高レベルのエビデンスで確認されている数少ない薬剤です。日本消化器内視鏡学会では、内視鏡洗浄・消毒のガイドラインを作成して内視鏡洗浄の啓蒙を行っていますが、残念ながら全ての施設がこれを尊守しているわけではありません。 過酢酸による消毒は他院で頻用されている機能水による洗浄機と比べ高コストではありますが、それによって患者様が負担される費用が増えることはありません。新型コロナウイルスなど新たな感染症が増えている昨今の状況を考慮し、当院では過酢酸を使用した自動洗浄機を採用いたしました。

(※コスト面で安価であるため一般のクリニックで頻用されている強酸性水については、高水準消毒薬には該当せず、今後消化器内視鏡の感染制御に関するガイドラインの改訂に際して改めて検討される予定であります。)

超音波診断装置(エコー)

大学病院などでも使用している日立製の高精細デジタル超音波装置を採用しております。主に腹部の超音波検査に使用しています。予約検査のほか、症状のある時には緊急での検査も行います。ご相談ください。

日本光電 術中モニター PVM4000

鎮痛剤や鎮静剤を使用しての内視鏡や手術時には呼吸状態や血圧、心電図をしっかりモニタリングする必要があります。当院では専用のモニターを採用し、安全な手術、内視鏡に努めています。当モニターは血圧測定患者さんにやさしく、また迅速に血圧を測定するiNIBP測定に対応しています。

エルベ 高周波手術装置:VIO50C

内視鏡でのポリープ切除や各種手術に使用する電気メスです。
エルベ社は、ドイツに本社を置き、電気メス・関連アクセサリの製造・販売を行っており世界各国でビジネスを展開しています。
ソフト凝固・ドライカット・バイポーラソフト凝固など、独自の止血機能を持っており安全で確実な手術や内視鏡的治療を行います。

COPYRIGHT ©2020 AKAHANE CLINIC. ALL RIGHTS RESERVED.

このページの上部へ

メニューを閉じる