赤羽根医院

ご予約・お問い合わせ

アイコン

メニュー

午前
9:00 - 13:00
午後
15:00 - 18:30
休診
木曜午後・土曜午後・日曜

03-3648-3622

東京都江東区東砂2丁目11-27[地図

赤羽根医院ブログ

肛門が痛い – 切れ痔(裂肛)について

2020.03.27

カテゴリー:

はじめに


皆さんは便をするときに「お尻が痛い!」となった事はありませんか?
お尻が痛くなる病気はたくさんあるのですが中でもそういった「肛門の痛み」を主訴に来院される方の中で最も多いのが切れ痔(裂肛)です。
切れ痔は文字通り肛門にできる傷ですが、肛門はかなり敏感で、また便が通るときに擦れるのでかなり強い痛みが出る事もあります。
多くは肛門の背中側に起こりますが、他のところにできる事もあります。

切れ痔の主な原因は


下痢や便秘などの排便習慣
潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患
飲酒や冷えなど肛門の血流が悪くなるような事

「急性」の切れ痔と「慢性」の切れ痔


切れ痔(裂肛)には急性のものと慢性のものがあります。

急性裂肛


急性裂肛は硬い便が出た時に肛門が切れてしまって痛みが出る状態です。
肛門の傷は浅く、きれいな傷です。生活指導とともに軟膏を使ったり便を軟らかくする薬を使ったりしていると多くの場合は自然に治っていきます。

慢性裂肛


慢性裂肛は肛門が切れたり治ったりを数ヶ月の間くり返すことにより傷が深く、硬くなり、うまく治らなくなってしまった状態です。また裂肛の前後にポリープ(肛門ポリープ)や皮膚のたるみ(皮垂)ができたり、傷の部分が硬くなる事によって肛門が狭くなってしまったりします。場合によっては痔瘻という穴ができてしまう場合もあります。また、痛みが排便後も長時間続いたり、うまく便が出なくなるなど症状も悪化してくることがあります。慢性裂肛は単に便が硬いだけでなく肛門の筋肉の緊張が強すぎることにより、肛門の血流が悪くなって起こるものだと言われています。
慢性裂肛についても薬や生活指導などで治療する事がありますが、なかなか良くならない事も多いです。海外ではニトログリセリン軟膏やカルシウム拮抗薬の軟膏など、平滑筋の緊張を緩める薬を使う事がありますが、頭痛などの副作用もあり、また日本では保険医療として認められていないため、あまり行われていません。どちらかというとシワの治療などで知られるボトックス注射(ボツリヌス毒素 筋肉を弛緩させる作用がある)を行なっている国もありますがこちらも日本では保険医療として認められていませんのであまり行われていません。
日本では肛門の筋肉を緩める手術や狭くなってしまった肛門を広げる手術が主に行われており、当院も治りづらい方や痛みの強い方にはそれらの手術を行う事があります。

切れ痔にならないようにするには


繊維質のものや水分をよく取り、運動をして便秘にならないようにする。
お酒などはあまり飲まないようにする。
など、生活習慣の改善が主な治療となります。
切れ痔になってしまったかなと思ったら、お近くの肛門科、もしくは肛門外科を受診しましょう。
自分で肛門を見ることは難しいので切れ痔と思っても他の病気があったりする場合もあります。

赤羽根医院では裂肛についても診断、治療を行なっています。まずは生活習慣の改善やお薬での治療を行いますが、必要な場合には手術も含めた治療をご提案します。
症状が気になる場合は一度当院までご相談ください。

COPYRIGHT ©2020 AKAHANE CLINIC. ALL RIGHTS RESERVED.

このページの上部へ

メニューを閉じる